スタッフ

榊原 大輔
代表取締役

1970年碧南市にて誕生。

実家がコンクリートや砂を取り扱う建材店を営んでおり、幼心から「いつかは自分が継ぐんだろうなぁ」と思いつつも、19歳の時に「カクテル」という映画に感化されてホテルのバーテンダーとして就職。

ただ、「いつかは実家を継がなければ」という思いもあり、地元大手建材メーカーに就職後、25歳のときに実家に戻り家業を手伝うことに。

タイル施工や左官工事を中心に、取引先の要望があれば応えていきたいと内装業や外構工事なども手掛けるようになり、前職のころから慕ってくれる仲間もスタッフとして一緒に仕事をしていくにあたり、自身が代表取締役になり「有限会社ダイテクノ」を設立。

住宅会社の下請けとして外壁工事、内装工事、外構工事に携わっている中で、「自分が元請けだったら、もっとお客様のために良くしてあげたいのにな」という思いを抱えながら建築業界に従事していたが、娘が結婚した際に「私の家はお父さんが建ててよ」という言葉に背中を押され、自社が元請けとして新築・リフォームを手掛ける「テクネトライ」を立ち上げる。

住む人にとって本当に良い家を建てるため、日々尽力している。

(カクテルという映画に感化されてバーテンダーになった経験があるものの、お酒は全く呑めず、アイス(主に氷菓子)によってカロリーの7割を補給している)